一番街の歴史

西暦 和暦 札幌市の沿革と一番街商店街に関わる出来事
1869年 2年 開拓使設置
島判官札幌本府建設着手
1872年 5年 丸井今井 創業
一の秋の総本店 創業
1875年 8年 琴似に最初の屯田兵が入植
1876年 9年 札幌農学校(現在の北海道大学)開校
1878年 11年 札幌農学校演武場(現在の時計台)完成
岩井信六商店 創業
1880年 13年 手宮~札幌間に鉄道開通
1881年 14年 豊平館竣工
888年 21年 北海道庁赤レンガ庁舎完成
1892年 25年 大丸藤井 創業
1893年 26年 まるいち 創業(丸一救生堂薬舗 開店)
丸ヨ池内 創業
1895年 28年 一夕高桑商店 創業
1896年 29年 札幌初の百貨店 五番館 開業
株式会社松崎設立(現松崎ビル)
1901年 34年 (資)一の秋の総本店 現建物
1910年 43年 現在の創成橋 架橋(石橋)
1911年 44年 坂栄養食品 創業
大通逍遙地(現在の大通公園)完成

一番街歴史写真

明治14・5年頃の南1条東3丁目から現在の一番街を望んだ写真。

一番街歴史写真

明治34年頃の丸井今井のにぎわい。

一番街歴史写真

銅鐵金物問屋丸ヨ池内商店。明治30年代と思われる。屋根の上に昇っている剽軽物がいる。

一番街歴史写真

馬鉄が走る南1条通り。明治45年から一般の人々を乗せるようになる。

一番街歴史写真

斉藤薬舗(南1西2)明治36年頃の広告。

一番街歴史写真

明治34年頃の
一の秋の本店。

>>大正へ